院内のご案内

院内紹介

受付

受付

何かご不明な点などございましたら、当院スタッフまでお気軽にお声をお掛けください。

待合室

待合室

待ち時間を快適にお待ち頂くように心掛けており、ゆったりとしたスペースで気持ちよく診察の順番をお待ちいただけます。
テレビモニターには混雑状況確認表などを始めとする診療掲示をしておりますので、こちらも是非一度ご覧になって見てください。

視力検査室

視力検査室

明るい雰囲気の検査室では、患者様の眼圧計、視力値(裸眼視力・矯正視力)のデータを測定いたします。
あらゆる眼科疾患に対応できるように充実した眼科設備を備えて治療にあたっております。

診察室

診察室

画像ファイリングシステムを導入し、患者様の目の写真を撮り、その写真を画面にて表示しながら分かりやすくご説明しております。
目のどのあたりに不具合があるのか患者様自身でご確認いただけます。

機器紹介

自動視野計アイモ

自動視野計アイモ

視野欠損などの視野の異常を検査する器械です。 ヘルメット型の検査機器を用いて行い、検査時間も短く、ベッド上でも検査可能です。

OPD-scan

角膜形状/屈折力解析装置

不正乱視・円錐角膜・レーシック手術後の角膜形状解析、オルソケラトロジーの効果を判断する機器です。

OCT(光干渉断層計)

光干渉断層計 HD-OCT

高画質・高解像度の断層画像が得られ、また3D 構築できるカラーセグメンテションマップを有した診断装置として、患者様へクオリティーの高い診断情報提供をいたします。
このOCT 検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。
OCT を必要とする代表的な疾患は、、加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔などの黄班部( 網膜で最も視力の出る部分) 疾患です。また視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することもできるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。

オート無散瞳眼底カメラ AFC-330

オート無散瞳眼底カメラ AFC-330

無散瞳眼底カメラは、瞳孔を開く点眼薬を使わずに眼底を撮影する装置です。
緑内障などの眼疾患だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に起因する眼底病変診断のための画像情報を提供する装置です。

自動視野計 AP-7000

自動視野計 AP-7000

ドーム上の様々な位置に自動的に表示した小さな光点に対する、患者の反応を記録することにより視野測定を行い、結果を記録、表示する装置です。
緑内障などによる視野(見える範囲)の障害を自動的に検査する事ができます。

レーザー PUREPOINT

レーザー PUREPOINT

特定の波長のレーザー光で糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜裂孔などの眼底の病気に対して、病的な網膜を凝固させることにより病気の進行を抑えます。

上へ
下へ