梅田駅から徒歩5分の眼科 梅北眼科 | グランフロント大阪北館B1F

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3ー1 1B
トップページ医師のご紹介医院案内交通案内目の病気について

目の病気について~ものもらい(麦粒腫、霰粒腫、めんぼ、めばちこ)~

ものもらい(麦粒腫、霰粒腫、めんぼ、めばちこ)

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は瞼の脂腺や汗腺が細菌感染によって急性に化膿するもので、瞼の縁近くが赤く腫れて、押さえると痛みがあります。
売薬の目薬を使っても2~3日で治らないときは、早めに眼科に罹ってください。
1週間以上にわたって放置すると、周囲に肉芽が出来て、しこりとなりきれいに治りにくくなります。
抗生物質の点眼や内服を使っても化膿がおさまらず、膿点がはっきりしてくれば、切開して膿を出した方が早く楽になります。

日常コンタクトレンズを使っている方は、瞼が腫れたり痛かったり、少しでも異常を感じたら、絶対にコンタクトレンズを入れない様にしてください。
また、レンズを装脱する時には必ず手をよく洗って不潔にならない様に十分注意してください。

麦粒腫と同じ様に腫れても、押さえて痛みが無く、硬いしこりとなる物に霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言うのがあります。
これは瞼にあるマイボーム腺という脂腺がつまって、慢性の肉芽性炎症を起こしたものです。
治療法は局所麻酔をして、結膜側や場合によっては皮膚側からも切開して、内容物を掻爬(そうは)し摘出します。