梅田駅から徒歩5分の眼科 梅北眼科 | グランフロント大阪北館B1F

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3ー1 1B
トップページ医師のご紹介医院案内交通案内目の病気について

目の病気について~白内障~

白内障

白内障とは目のなかにある水晶体が濁る病気の総称です。
生まれつき水晶体が濁っている先天性白内障、加齢による老人性白内障(50歳以上の人に多い)、目の怪我によって発症する外傷性白内障、ステロイド剤などを長く服用した場合に起こる白内障、糖尿病でおこる糖尿病性白内障などがあります。最も多いのは老人性白内障です。

緑内障や網膜剥離(はくり)、糖尿病、ベーチェット病、網膜色素変性症など他の重大な病気が隠れている場合もあるので、症状があれば老化現象と決めつけず、早めに眼科を受診することが大切です。


白内障手術の流れ(日帰り手術)

白内障手術では水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植するという手術を行います。その他の部分に問題がなければ、視力低下の回復が期待できます。

白内障手術の流れ1

当院は2.0~2.4mm 切開の極小切開白内障手術を行っています。
その小さな切り口から、超音波を利用して濁った水晶体を吸い出します。

 

白内障手術の流れ2

水晶体を取り除いた部分に、眼内レンズ(人工水晶体)を挿入して、視力回復させます。
※眼内レンズの度数は、手術前に検査し患者さんに合わせて決定します。

 

白内障手術の流れ3

糸などは使用せず無縫合での治療となります。挿入するレンズには多焦点眼内レンズや単焦点眼内レンズの2種類があります。

 


手術後、翌日から車の運転簡単な仕事などの日常生活をおくることができます。ただし、運動を伴う激しい動きや洗顔洗髪などは医師の許可をえてから行ってください。